コンテンツ

介護をしやすくするトイレリフォーム

 

介護用のトイレリフォームにはいくつかポイントがあります。
まず、スペースは介助する方や車椅子での利用を考え、少し広めに空間をとっておいた方が良いでしょう。また段差を無くす、出入り口はスライド式にするなど、出入りしやすいものにすれば車椅子でも利用しやすくなります。
トイレのバリアフリー化で多い手すりの設置は位置が重要で、高すぎたり低すぎたりすると邪魔になってしまうので、利用しやすい位置をしっかり検討する必要があります。
その他にも、床も滑りにくいような材質や、スリッパがなくても抵抗感のない色や材質を選択するなど、介護をしやすくするトイレリフォームには様々な方法がありますので、安心して利用することができるトイレを考えてみてください。埼玉県にある【コーシン住建】では、介護をしやすくするトイレリフォームのご提案もいたします。